1. HOME
  2. お知らせ
  3. 東海地方初の公立不登校特例校 岐阜市立草潤中学校がご見学に来られました。

NEWS

お知らせ

イベント

東海地方初の公立不登校特例校 岐阜市立草潤中学校がご見学に来られました。

東海地方初の公立不登校特例校である岐阜市立草潤中学校がユーアップ高等学院岐阜校をご見学に来られました。

「不登校特例校」とは、学習指導要領を縮減し、弾力的運用を図ることができる、不登校生の実態に配慮した特別な教育課程をもつ学校のことです。

一般の中学校標準授業時数は、年間で1015時間となっていますが、特例校の中学校の場合、年間で750から770時間ほどで、約2割の時間を削減することもできます。その分、不登校の生徒の要望やニーズに合わせたカリキュラムを整えることができます。

不登校特例校の多くは、少人数指導や特色ある教育、個に応じた学習・体験が可能となり、2021年6月時点では、全国で17校(公立学校8校、私立学校9校)が指定を受けています。公立は全国でわずか8校しかありません。

草潤中学は全国からも注目されている公立の不登校特例校です。

その草潤中学校から「生徒の進路先を考える上で、教員一同がユーアップ高等学院のことをよく理解したい。教室の見学と学校のことを詳しく知りたい」というお話を伺い今回の見学会が実現しました。

草潤中学校からは、進路指導主事の先生をはじめ3名の先生方がご見学にいらっしゃいました。とても爽やかで温かい先生方でした。

ユーアップ高等学院の入口をご覧になり「すごい!オシャレなカフェのようですね」とおっしゃっていました。

ユーアップ高等学院のサポート体制にご興味をいただき、特に、生徒がクールダウンできる移動式の一人用のブースにご興味を持たれていました。

一時間ほど質疑応答の時間があり、途中から明蓬館高等学校の日野理事長もZoomでご参加され、より突っ込んだ濃い質疑応答の時間になりました。

明蓬館高等学校の日野理事長は、発達障がいの高等学校教育ではパイオニア的な存在の方ですが、その日野理事長も「ありのままの君を受け入れる」新たな形の中学校である草潤中学校の斬新な試みにとても感心されていました。

今回の見学会で、草潤中学校とユーアップ高等学院の不登校生徒への支援の方向性が同じであることが分かり、草潤中学校から半数以上が志望するであろう通信制高校、その候補の一つとしてユーアップ高等学院を選んでいただきました。

草潤中学校:https://gifu-city.schoolcms.net/soujun-j/

明蓬館高等学校:https://www.at-mhk.com/

※ユーアップ高等学院は、明蓬館高等学校のサポート校です。

ユーアップ高等学院へのお問い合わせはこちらから

最新記事